NEWS

和歌の楽しさ、魅力を、現代詩訳と解説とコラムで紹介する、

14歳から味わう百人一首入門書

ときめき百人一首』(河出書房新社)が刊行されました。

 

家庭画報』(世界文化社)にて連載中の映画評「今月の映画」。
2017年4月号では『未来よ こんにちは』を取り上げました。

 

©2016 CG Cinema・Arte France Cinema

DetailFilm・Rhone-Alpes Cinema

池田晶子没後10年を記念して開催されるブックフェアにちなんで
トークイベントが行われます。

 

「池田晶子の言葉と出会う」 トークショー

没後10年 池田晶子ブックフェア開催記念

 

■期日:  2017年2月18日(土)

■時間:  午後2時30分〜(午後2時開場)

■会場:  八重洲ブックセンター・本店 8F ギャラリー
      * 〒104-8456 東京都中央区八重洲2-5-1 [map]

■参加費: 500円(ドリンク付き)

■定員:  80名(申し込み先着順)

■申込み: 1階カウンターにて申込み。電話申し込み可。参加整理券配布。

■お問合: 八重洲ブックセンター
      * Tel:03-3281-8201

自作を朗読する会が日本近代文学館で行われます。
今回は、詩人の佐伯裕子さん、作家の小谷野敦さんをお迎えします。
司会として二部の座談会に参加し、お二人から創作にまつわる話を伺います。

 

第88回『声のライブラリー』〜自作朗読と座談会
■日時   2017年2月11日(土)午後2時〜午後4時(開場 午後1時30分)
■会場   日本近代文学館・ホール
      〒153-0041 東京都目黒区駒場4-3-55(map
■出演   佐伯裕子(詩人)/小谷野 敦(作家)
      * 司会:小池昌代(詩人・作家)
■料金   2,100円(※会員 1,900円、学生 1,600円)
■定員   80名(先着順・全席自由)
■お問合  日本近代文学館 *03-3468-4181

 

 

週刊朝日』(朝日新聞出版)2017年2月10日号に書評が掲載されています。
ブライアン・エヴンソン著、柴田元幸訳『ウインドアイ』(新潮社)を取り上げました。

 

白水社のWebサイトで連載中のエッセイ『詩と幼年〜水の町の物語』の

第21回「父のカード」がアップされました。

 

現代詩手帖』(思潮社)2017年2月号の特集「ボブ・ディランからアメリカ現代詩へ」にて、エッセイ「音楽の文学性って何だろう」が掲載されています。

 

口訳万葉集/百人一首/新々百人一首』(河出書房新社)で取り組んだ

「百人一首」についての講義録が本になりました。

作家と楽しむ古典』(河出書房新社)は6人の作家たちによる連続古典講義です。

 

 

日中両国の現代詩を巡って行われる、中国詩人と日本人詩人との交流シンポジウムに参加します。

 

中国詩人との交流シンポジウム ―詩歌と世界―

■期日: 2017年1月23日(月)

■時間: 午前10時30分〜12時30分(午前10時20分開場)

■会場: 東京大学本郷キャンパス・文学部3号館5階 英文辞書室
     * 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 [map]

■参加費:無料・申込不要・先着順(20名程度)

■お問合:国際交流基金日本研究・知的交流部
     * Tel:03-5369-6070

 

 

 

2017年1月5日より日本経済新聞・朝刊にエッセイ「絵の中のわたし」を連載中です。