NEWS

Category: 講演会・講座

2016
01/02
Saturday

上智大学にて講演会を行います。

 

2014年に生誕100年を迎えたイギリスの詩人ディラン・トマスと、

当時同人誌「荒地」に参加し日本の戦後詩を牽引した詩人たちを巡って話します。
                               (小池昌代)

英詩の魅力―ディラン・トマスと日本の詩人たち―

■期日  2016年1月8日(金)午後5時00分〜6時30分

■場所  上智大学・中央図書館9階L921会議室
     * 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 [map]

■お申込 不要

■受講料 参加費無料

■お問合 上智大学ヨーロッパ研究所
     03-3238-3902
     i-europe@sophia.ac.jp

 

江東区の文学講座の講師を8回に渡って務めます。
樋口一葉『たけくらべ』全16章を読み進め、
120年前の東京・下町の作品世界を探訪していきます。

 

 

「たけくらべの世界」〜樋口一葉と現代

■日程

第1回 10月24日(土)
第2回 11月14日(土)
第3回 11月28日(土)
第4回 12月12日(土)
第5回   1月16日(土)
第6回   1月30日(土)
第7回   2月13日(土)
第8回   3月12日(土)

 

■時間: 午後2時〜3時30分
■会場: 江東区文化センター
     * 〒135-0016 東京都江東区東陽4-11-3 [map]
■受講料:受講料6,000円、教材費500円(全8回分)

■定員: 30人
■お申込:Web:http://www.kcf.or.jp/kouza_reserve.html
     Tel:03-3644-8111
     * 定員を超えた場合は抽選。定員に達していない場合は先着順で受付。

神奈川大学生涯学習・エクステンション講座の一つとして、百人一首を題材とした講座を行います。

 

連続講演会「未来への提言」

百人一首と現代をつなぐもの──「詩」の在処を探る

■期日  2015年7月25日(土)午後1時〜2時30分

■場所  KUポートスクエア(神奈川大学みなとみらいエクステンションセンター)
     * 〒220-6014 横浜市西区みなとみらい2-3-1 クイーンズタワーA・14階 [map]
■お申込 受講申込頁
■受講料 2,000円
■定員  60名(先着順)
■お問合 045-682-5553(KUポートスクエア)

 

2015
06/01
Monday

津田塾大学にて講演会を行います。

 

書くことにおける自力と他力

書く行為にジャンルが働きかける力とはどういうものか。

それらはどう違い、どこが同じなのか。

書くことは孤独な行為だと言われますが、
そこに他者の入る余地はないのでしょうか。

書くことの豊かさを願って、共に考えるひとときを持ちたいと思っています。
                             (小池昌代)

■期日  2015年6月9日(火)午後4時20分〜5時50分

■場所  津田塾大学・小平キャンパス・7号館7101教室

     * 〒187-8577 東京都小平市津田町2-1-1 [map]

■お申込 申込フォーマット(津田塾大学ライティングセンター)

     *「6/9 書くということと私23」を選択してください。

■受講料 参加費無料

■お問合 042-342-5129(津田塾大学ライティングセンター

 

2015
05/18
Monday

中原中也と萩原朔太郎をめぐって、言葉と詩歌に関する講演会を行います。

 

小池昌代 文化講演会

言葉はどこから詩になるか、 詩はどこから歌になるか ―中原中也と萩原朔太郎

■期日  2015年5月24日(日)午後2時〜3時30分

■場所  早見芸術学園

     * 〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-2-16 [map]

■お申込 往復はがきに住所・氏名・電話番号を明記の上、上記宛先に送付

■受講料 1,500円(当日受付にて精算)

■定員  100名(先着順)

■お問合 0467-24-4002(鎌倉ペンクラブ事務局/平日午前9時〜午後5時)

 

大阪文学学校講演集『詩と小説の学校』(編集工房ノア)に

2004年5月1日に行われた講演録「私にとって詩とは何か」が掲載されています。

 

神奈川県座間市立図書館において、著書、作品掲載誌、絵画の展示会が行われます。会期中、講演会も行います。

 

第195回 mini・ミニ展「小池昌代 展」

■期間  2015年2月7日(土)~3月5日(木)

■場所  座間市立図書館・正面玄関入口展示ケース

     * 〒252-0024 神奈川県座間市入谷3-5873 [map]


 

小池昌代 講演会「古と現代―文学を掘り出す試み」

古来より、人間はどのようなものに「詩」を発見してきたのでしょうか。百人一首を現代の詩に翻案する試みのなかから、詩とは何かを考えてみたいと思います。(小池昌代)

■期日  2015年2月28日(土)午後1時半〜

■場所  座間市立図書館

     * 〒252-0024 神奈川県座間市入谷3-5873 [map]

■お申込 2015年2月1日より。来館、もしくはお電話で。先着順60名。無料。

■お問合 046-255-1211(座間市立図書館/担当・金井)

 

自作を朗読する会が日本近代文学館で行われます。
今回は、小説家の磯崎憲一郎さん、詩人の文月悠光さんをお迎えします。
司会として二部の座談会に参加し、お二人から創作にまつわる話を伺います。

第75回『声のライブラリー』〜自作朗読と座談会
■日時   2013年11月9日(土)午後2時〜午後4時(開場 午後1時30分)
■会場   日本近代文学館・ホール
      〒153-0041 東京都目黒区駒場4-3-55(map
■出演   磯﨑憲一郎(作家)/文月悠光(詩人)
      * 司会:小池昌代(詩人・作家)
■料金   2,000円(※会員 1,800円、学生 1,500円)
■定員   80名(先着順・全席自由)
■お問合  日本近代文学館 *03-3468-4181

 

 

 

『インド夜想曲』などで知られる作家、アントニオ・タブッキの魅力について多方面から語り合う「シンポジウム」に出演します。

『アントニオ・タブッキ〜水平線の彼方へ』
■日時   2013年10月20日(日)午前10時30分〜午後4時20分
■会場   イタリア文化会館・アニェッリホール
      * 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30(map

■予定   [第一部]「タブッキを語る」
       10:40 マリア・ジョゼ・ド・ランカストレ(タブッキ夫人) 
       11:00 アンドレア・バイヤーニ(作家) 
       11:20 和田忠彦(東京外国語大学教授) 
       11:40 討論
      [第二部]「タブッキを読む」
       13:30 ≪対談≫ 
           堀江敏幸(作家、早大教授)

           いとうせいこう(作家、俳優)
           司会:和田忠彦 
       14:10 澤田直(立教大学教授) 
       14:30 小池昌代(作家) 
       14:50 休憩 
       15:10 村松真理子(東京大学准教授) 
       15:30 花本知子(京都外国語大学講師) 
       15:50 タブッキ作品朗読 
■問合せ  イタリア文化会館:03-3264-6011

 

江東区の文学講座の講師を6回に渡って務めます。
東京・下町の風土に縁のある作家、作品の魅力を伝えます。

江東文学サロン
東京・下町・文学逍遥~詩と小説をあじわう~(全6回)


■日程・カリキュラム
第1回 10月25日(金)俳人・久保田万太郎を読む
第2回 11月15日(金)都市の感性~二人の戦後詩人1:田村隆一
第3回 12月13日(金)都市の感性~二人の戦後詩人2:北村太郎
第4回 1月17日(金)芥川龍之介の短編を読む:『父』『トロッコ』『点鬼簿』
第5回 2月14日(金)幸田文のエッセイを読む:『崩れ』
第6回 3月14日(金)樋口一葉の作品を読む:『にごりえ』

■時間: 午後7時〜8時30分
■会場: 江東区文化センター・会議室
     *〒135-0016 東京都江東区東陽4-11-3 [map]
■受講料:受講料6,000円(教材費別途300円)
■お申込:Web:http://www.kcf.or.jp/kouza_reserve.html
     電話:03-3644-8111
     *定員を超えた場合は抽選。定員に達していない場合は先着順で受付。